誰を招待するのか、2人きりで挙げるのか、家族だけなのか、友人も呼ぶのか、呼ぶなら何人くらい呼ぶのか。

2人きりなら海外でも国内でも、また国内のどこの土地でもいいですが、両親や親族を呼ぶ場合は事前に相談を。たくさん友人を呼ぶなら海外ではなく国内の方が便利、交通の便も良いところの方がいいですね。


国内ですると決まったなら会場は、
ホテル・ゲストハウス(専門式場)・レストランなどが主流です。

 

ホテル

比較的料理もおいしいし、交通の便もいいところが多く、そのまま会場で宿泊することも可能です。

ただ、大きなホテルなどでは一日に何組も式を挙げている場合が多いので、別の組の新郎新婦同士が鉢合わせてしまったり、特別感にかけてしまう点が難点でしょうか。場合に寄ってはゲストに新婦のドレスや挙式を比較されかねません。

 

ゲストハウス(専門式場)

ゲストハウスはその点、挙式専門に作られているので、基本的には他の挙式の関係者たちがはち会わせるようなことはありません。他にも自分たちの思い出の品を持ち込んで飾り付けをすることも許可されていることが多く、「自分たちらしさ」が出しやすい会場です。

その分、なにかと持ち込み料がかかったり演出が高くついてしまう場合があるので注意が必要です。

 

レストラン

もちろん料理は美味しいところが多いですし、事前に足を運んで確かめる事も容易です。また、アットホームなのも魅力です。さらに先に挙げた2カ所とは違い、今後も記念日などに利用することが可能な点も魅力です

難点としては、もともと挙式用に作られていないので、控え室がなかったり出来る演出に限りがある点が挙げられるでしょう。新婦がドレスのまま入れるようなお手洗いがあるのかどうかということも大きなチェックポイントです。

 

 

会場を決めたら、ぜひ詳細を決める前にパートナーと話し合い

自分たちの求める挙式内容とこだわりのポイント、そして出せる金額の上限を明確に。

料理・衣装・演出・装飾・残す写真や映像などどのポイントにこだわりたいのかを明確にして、お金をかける物、引き締めるところを決めてから内容をつめていきましょう

 

【プロフィール】

来て頂いた方に感謝を込めた結婚式選びが一番
皆が幸せになる空間を新郎新婦でする最初の仕事にしてみませんか?

結婚式は皆様に祝福されてこその結婚式だと思います。

来てくれた上司・友人・親戚の方々が喜んで帰ってくだされば、
ご両親がお二人の立派な姿・振る舞いに安心されるような式であれば必ずお幸せになれることと思います。